短編小説。1919(大正8)年1月6日~2月3日、大阪朝日新聞に連載(全27回)。
「料理は藝術の一種」の信条の元、美味しい料理を探し求めることだけを生き甲斐とする「美食倶楽部」の男たち。
会長のG伯爵はある日浙江会館で、世にも不思議な中国人たちの饗宴を目撃し……。

スライドショーには JavaScript が必要です。