長篇小説。少女ナオミを引き取り理想の女性に育て上げようとした、サラリーマン河合譲治の物語。
1924(大正13)年3月20日~6月14日、大阪朝日新聞に連載(全87回)するが中絶。
その後、11月~「女性」誌(プラトン社)で連載を再開。

※挿絵には版権上の理由でモザイク処理をしています

スライドショーには JavaScript が必要です。