谷崎潤一郎|Junichiro Tanizaki (1886-1965)

2016年に生誕130年を迎える文豪・谷崎潤一郎。
『食魔 谷崎潤一郎』の著者が、これまで集めた資料(の一部)を公開するサイトです。
単行本や新聞・雑誌初出時の誌面画像がメイン。順次追加中。

刺青

短編小説。1910(明治43)年11月、『新思潮』に掲載。 [gallery type="slideshow" ids="105,106...

詳しくはこちら

Dream Tales

短編小説。1912(明治45)年2月11日、読売新聞に掲載。 単行本未収録作品であり、2015年刊行の『谷崎潤一郎全集』第1巻(中央公論社)に初めて収録された。 紙...

詳しくはこちら

金色の死

短編小説。1914(大正3)年12月4日~17日、東京朝日新聞で連載(全14回)。 「私」は親友の美青年・岡村君が建設した驚くべき「島」に招待され…。 後に江戸川乱歩に...

詳しくはこちら

詩人のわかれ

短編小説。1917(大正6)年4月、『新小説』に掲載 [gallery type="slideshow" ids="154,155,15...

詳しくはこちら

白昼鬼語

短編小説。1918(大正7)年5月23日~7月11日、東京日日新聞/大阪毎日新聞に連載(全46回)。 [gallery ids="166,167,168,1...

詳しくはこちら

美食倶楽部

短編小説。1919(大正8)年1月6日~2月3日、大阪朝日新聞に連載(全27回)。 「料理は藝術の一種」の信条の元、美味しい料理を探し求めることだけを生き甲斐とする「美食...

詳しくはこちら

母を恋ふる記

短編小説。谷崎における「母恋いもの」の原点的作品。 初出:「大阪毎日新聞」1919(大正8)年1月18日~2月19日、同じ内容を「東京日日新聞」1919(大正8)年1月1...

詳しくはこちら

港の人々

随筆。1923(大正12)年11月号「女性」(プラトン社)に掲載 [gallery type="slideshow" size="ful...

詳しくはこちら

肉塊

長篇小説。横浜に住む小野田吉之助は美しい至高の芸術に憧れ、カメラ仲間の柴山と映画制作に取り組む。女優を探しに出かけた仮面舞踏会で理想の美女グランドレンに出会うが、彼女に耽溺...

詳しくはこちら

痴人の愛

長篇小説。少女ナオミを引き取り理想の女性に育て上げようとした、サラリーマン河合譲治の物語。 1924(大正13)年3月20日~6月14日、大阪朝日新聞に連載(全87回)す...

詳しくはこちら