文豪・谷崎潤一郎の本130冊以上が揃った図書室で、ゆったり読書の時間を愉しめるブックカフェイベントを開きます。※終了しました。多数のご来場ありがとうございました

▼ 2017年10月21日(土)~22(日)、12時~20時
▼ 猫々文庫にて (東京都杉並区、京王井の頭線「西永福」駅)
▼ 入場無料 (※ただし物販等は別途有料)

坂本葵(『食魔 谷崎潤一郎』新潮新書)が企画・運営し、2016年から開催しています。
昨年は阿佐ヶ谷の枡野書店をお借りし、谷崎の命日に近い7月31日に開きましたが、今年は杉並の猫々文庫という書庫兼ゲストハウスを使います。
また、ゲストを招いてのトークイベントや朗読会などのプログラムを開催します。
CAMPFIREでのクラウドファンディング実施 ※終了しました。多数のご支援ありがとうございました

トークイベント「文豪失格×谷崎潤一郎」

人気漫画「文豪失格」の千船翔子さん登壇! フードファイターTANIZAKIの魅力からディープな文豪旅行まで、縦横無尽に語り尽くす。

10/21(土) 17:00-19:00 |@猫々文庫|料金1500円、抽選申込制、定員15名

※受付は終了しました。多数のお申し込みありがとうございました

千船 翔子(ちふな しょうこ)

漫画家。文学史が題材のギャグマンガ「文豪失格」(COMICリュエル)連載中。千葉県船橋市出身。趣味は歴史散策。好きな文豪はドストエフスキー。

[単行本]

『文豪失格』 (リュエルコミックス) 実業之日本社, 2015
『文豪失格 文豪の恥ずかしい手紙編』 (リュエルコミックス) 実業之日本社, 2016

(いずれも監修: 一柳 廣孝, 原作: AIR AGENCY・フロンティアワークス)

朗読会「天鵞絨の夢」

水辺に建つ白亜の館、それは綺想の楽園にして「女王」の魔睡の褥だった――

第一部:朗読劇『天鵞絨の夢』より「第一と第二の奴隷の告白」(鏡谷眞一)
第二部:トーク「谷崎潤一郎の人工楽園」(坂本葵)

10/22(日) 17:00-19:00 |@猫々文庫|料金1500円、抽選申込制、定員15名
※出演者急病のため下記の日程に延期しました

11/25(土) 17:00-19:00 |@猫々文庫|料金1500円、先着申込制、定員15名
※受付は終了しました。多数のお申し込みありがとうございました

鏡谷 眞一(かがみたに しんいち)

文筆家、役者

  • 1997 速瀬れい主催の同人『RIPPLE』に参加。2001年の休刊まで執筆。
  • 2001 gROTTESCO△sEPHIRAH 演劇公演『帝國曼陀羅見世物館』に役者出演、ならびに関連ミニコミの執筆。
  • 2004 土屋豊監督の映画『Peep ‘TV’ Show』に役者で出演。
  • 2004 TOKYO DARK CASTLE Vol.5で上演された演劇『Die blutig Sühne』の台本を執筆。
  • 2006 『瀕死の奴隷』パフォーマンス公演 ”ディオニソスの宴~ひと夜限りのカーニバル~”で上演されたモノローグ劇『嘆願おく能わず』を執筆。
  • 2015 ピアノ弾き語りシンガーソングライター永井幽蘭に歌詞『死のゆび』を提供。

メールでのお問い合わせはinfo◆aoi-ss.la.coocan.jp※送信時◆をアットマークに変更してください